現生人類のアフリカ起源

"World Civilizations"という世界史教科書を読んでいる。
数万年前、現生人類はアフリカから中東へ、次にヨーロッパおよびアジアへ移住した。
そしてのちに、オーストラリアとアメリカへと移住した…と書いてある。
このような移住の順番はどうやって分かるのだろうか?

 

現在受け入れられている人類の移住史モデルは「アフリカ単一起源説」と呼ばれる。
1980年代までは「アフリカ単一起源説」と「多地域進化説」が激しく対立していた。
両説で違っていたのは、ユーラシア各地で見つかる古代型の人類化石の扱いだ。
各地で現生人類が現れる以前に、原始的な特徴を持つ人類が住んでいたのだ。

 

各地の古代型人類を現生人類の直接の祖先と考えたのが多地域進化説だ。
その考えだと、ヨーロッパ人の祖先はネアンデルタール人
アジア人の祖先はホモ・エレクトゥスとなる。
アフリカ単一起源説では、各地の古代型人類は子孫を残さず絶滅したとされる。
絶滅後、比較的最近になってアフリカから現生人類が再拡散したという考えだ。

 

1980年代にミトコンドリア・イブという言葉が流行った。
人々のミトコンドリアDNAの祖先をたどっていくと、いつか一人の女性に行き着く。
この女系をたどった最も最近の共通祖先をミトコンドリア・イブという。
レベッカ・キャンらは様々な民族から採ったミトコンドリアDNAの配列を調べた。
その結果、イブは約20万年前にアフリカにいた一人の女性だったことが分かった。
キャンらはアフリカ単一起源説が正しいと結論づけた。

 

変位速度一定を仮定し、配列の比較から分岐年代を見積もる手法を分子時計という。
イブの約20万年前という年代は、系統樹の最初の分岐年代を分子時計で調べた値だ。
イブがアフリカにいた証拠は、古い時代に分かれた系統がアフリカにいることだ。
系統樹の最初の枝と二番目の枝は、いずれもアフリカ人だけで構成されている。
もしイブがアフリカ以外にいたとすると節約的でなくなる。
そのばあい、二つの古い系統が別個にアフリカに移住したことになってしまう。
ミトコンドリア・イブのアフリカ起源説は思考節約の原理にもとづいている。

 

実はミトコンドリア・イブだけでアフリカ単一起源説に軍配を上げることはできない。
多地域モデルでも遺伝的浮動の結果たまたまイブがアフリカ人になることはありうる。
アフリカ単一起源説で決定的になったのは、多くの領域で同じ結論になったからだ。
全ゲノム分析を含めて、多くの配列の系統樹が最近のアフリカ起源を示している。
古代型人類による遺伝的寄与は、あっても極めて小さかったことになる。

 

f:id:miosn:20180909234450p:plain

ミトコンドリアDNAによる系統樹。Cann et al. (1987)による。